xjejo42xeのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:4471
Today:8
Yesterday:4
イチローが13年連続20盗塁
れたらしいけど、よくできた生徒をもって僕は幸せだねえ」

「良きことですな。ふむふむ、とりあえず儂としましてはミスラにご褒美を考えておきましょう。手合わせか、手合わせか、手合わせか。さてどれにしようか……」

 ……一択かよ。
 予想通り、ジンが判定で勝利を掴んだ。結果とは裏腹にやりきった顔をして舞台から降りるミスラが印象的な試合だったな。巴に絡まれたとしても良い経験には間違いなくなるだろうから学園祭終わりにでも機会を作ってやろう。
 次に僕の生徒が出るのは、術師部門の一回戦か。パネライ 名古屋
 あまり時間がかかりそうな感じでもないし、このまま見ていればいいかな。


 
************************************************
ご意見ご感想お待ちしています。こちら来賓席のルトです

 アベリア対シフ。
 正直、術師部門の試合は戦士部門以上に悲惨だった。
 詠唱する、放つ。
 詠唱する、放つ。
 以上。
 どいつもこいつも殆どまともに動きやしない。初めに持ち込んだ障壁展開の道具を使って後は詠唱する、放つの以下同文だ。術の威力が強く相手にダメージを通したらほぼ勝ち。食らった方はまともに集中出来ずに詠唱が完了しなくなりのろのろ逃げるだけ。
 早口言葉の大会でも見ている気分になったね。これを思えばシフが初めて講義に参加した時は結構優秀だったんだとわかる。
 ここは優れた戦士と術師を輩出する為の学園だろう? もう少ししっかりしようよ、割と本気で。

 巴と澪なんて二人とも爆笑していた。
 一試合目で沈黙、次で耐え切れなくなったのか吹き出し、次でお腹を抑えて大笑い。試合が進むにつれて、むしろ選手達の正気を疑うような怪訝な目さえしだした。

「あの、若。これは魔術を競う戦い、ですな?」

「……オークの子どもの方が幾分かマシですわ。真面目にやっているのですよね?」

「至って真剣みたいだぞ。見世物としてすら成立していない気がするけど、周りのお客さんは大喜びで喝采を送っているし」

 頭が痛いな。つまり今年が特に酷いんじゃなくて、例年このレベルだって事だ。これを見て、採用を考える担当者がいると信じたくないぞ。僕なら開始五秒で全員不採用。
「まさか、今からやる若の生徒もあんなのですか……」

「見るに、堪えません。一瞬ツマミの味を忘れる酷さです……」

 いくら後方から火力を担当すると言っても、これはなあ。
 音こそ派手だけど、コマンド式のバトルでも見ているかのような戦士部門の方がまだマシだ。ただの砲台鑑賞だぞ、これじゃあ。
 固定観念とマニュアルって、こういう面が非難されるんだろうなと思った。安定した質を提供出来る利点もあるんだけどさ。

「おお、動いたぞ!」

「ようやくまともな術師の戦いが見れそうですわ」

 二人の試合が始まった。
 アベリアとシフ。残念ながら勝敗はもう決まりきっている。この舞台とルール、それに二人の術師としての力量を考えると奇跡が起きてもアベリアの勝ちは無い。大体あの子は本来の武器である弓を持ち込めてない。術師は媒介として使う杖などの武器以外は使用できないからだ。
 後、シフの力が純粋に、桁外れに優れているんだ。例えレンブラントさんが見に来ていても、安心して観戦を勧める事が出来る。
 場内は一瞬静まり返った。それはそうだろう。障壁を展開させるのかと思っていたら、シフはいきなり杖をアベリアに向け、アベリアはシフに向けて突進したのだから。
 シフの杖は家から持ってきた愛用の物ではなく、いかにも練習用ですと言わんばかりの細い木の杖だ。一応先端に魔力制御を最低限助
󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``