qrex67efeのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:2302
Today:2
Yesterday:5
自分の子供が可愛いと思えない…
えているだろう。

狂う、自信があった。

「そんな、そんな地獄が今日終わるはずだったんだ!!なのに、なのに妻が!」

妻の部屋の前に置かれた椅子で1つ目の薬を大事に抱えていたレンブラント氏。

泣いていた。靴 アディダス

最悪はそのときに起こったのだ。

音を聞き流した少し後。

木製のドアを生気の無い腕が突き破った。

「あっという間にドアが壊されてね、それで妻は、妻が私の手に襲い掛かってきて」

彼はようやく射した光明を必死に守ろうとした。

だが救われるべき彼の妻は、自らを救うはずの薬を……奪い、叩き壊した、そうだ。

辺りに非常識なほど甘い匂いが立ちこめ、自失していた氏に奥さんはさらに無情にも襲い掛かった。

間一髪で護衛に雇っていた者たちと執事が異常に気付いて奥さんを取り押さえ、叫び、牙をむいていた彼女は発作が治まったのか力無く崩れ眠りに落ちた。

そして、今に至るのだ。

運悪く、発作がおきた、だなんて。有り得るのか?

「……それは発作ではありませんね」

僕の思っていたことを確信を感じさせる声で錬金青年が話し出した。彼の口調も重い。

「恐らく、秘薬が近づくと、”そうなる”ようになっているのでしょう。治療を、させないために」

被術者自身が最後の解呪の妨害となるように。

前例は聞いたことがないがレベル8と聞く限り不可能なことではないと続けた。呪病レベル8というのは相当に高いレベルらしい。

もう死んでいる術者を心から惜しく思った。僕ならば、殺すことなくもっと、もっと惨く酷く痛く、狂うこともさせず…延々と…!!

「護衛の者も負傷してね、今別の場所で治療を受けてもらっているが」

今は動けない、か。悲痛にくれる隣の青年は肉体労働向きではないから取り押さえるのは無理だろう。

「彼らの話を総合すると、取り押さえておくだけでも相当のレベルの近接攻撃職でないと無理なのだそうだ。さらに妻は肉体を顧みることなく暴れるため、何度も同じ事態になれば死んでしまうことも考えられると」

動くこともままならなくなった人体が大の大人数人がかりでないと動きを抑えられないほどに力を振るうのだ。そうもなるだろう。

僕は自分の心境を、静かだ、と思った。

あまりの怒りに我を忘れるタイプではなかったんだなあ、と”どこか”で考えていた。憎悪も、敵意も、あるにはあるのだが冷静に処理できてしまう。

ここにくるまでに、自分が敵の命を奪うことにあまり抵抗が無いのには気付いていた。でも、この分だと本当に、それが人であっても変わらないのだろうなあと思えた。

そして、この事実をさした感傷もなく納得してしまっていた。

相当のレベルの近接攻撃職。僕には数人の心当たりがある。アディダス ゴルフ アウトレット

本当ならばここでトアさんたちを招集してコトに当たってもらうべきだとはわかっていた。巴も澪も万全を期して呼ぶべきなのだろうと。

なのに僕は自分でやることを決めた。

ソレはもしかしたら冷静に処理できているはずの感情が、少しだけ枠からはみ出した結果だったのかもしれない。こんな風に考える自分の冷静さが少し癪に障る。

項垂れるレンブラント氏と執事のモリスさんを見て僕は言った。

[僕が抑えます。さあ行きましょう]

と。

ムリだと喚くレンブラント氏たちを意図的に漏らした殺気が黙らせた。殺気、いや怒気か。よくわからない。

ハザルの襟を掴み引き寄せると、製薬の残りカスで何とかもう一人分秘薬を作れと無理を言った。

何故か彼は反論もせずに地下に駆け出していった。出来なければ持っている瞳を渡して作らせれば問題ない。他の材料
󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``