pqejr22xeirのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:3798
Today:7
Yesterday:6
いいとも 珍事件
 カレンの術が絶妙に時間差で完成形になる。上手い! 初めての相手の術に合わせたとは思えないね。センスがあるんだな。

 甲高い音で僕が氷の中に閉じ込められた。

 正確には僕の体から少し距離をおいて氷が包む。見ればユーノも限界近いくらいに弓を引きながら、放つのを我慢している。偉い、無駄撃ちにならないように頑張って狙っている。puma スニーカー 新作

[上手い。術の時間差はカレンのセンスか、大したものだ。シフの術も爆発の目潰し効果も見込めてよく考えられている。課題はシフについては速]

 カレンの声に反応してまだ僕が説明途中だったと言うのに、氷の檻が派手に砕け散る。

[シフについては速度、熱線を高速化するか追尾させると良い。カレンについては相手に発動を知らせてしまう周辺の変化と威力だ。あれでは相手ではなく点を指定して発動させるタイプでは命中は難しい。苦労して当てても威力も今一つ低い]

「あんな小さな障壁で防ぎきるなんて!?」

「……周辺変化も隠したし、威力だって良い出来だったのに」

[ユーノ。指摘した点が改善されていない攻撃は潰すと言ったはずだな。もうやれる事が無いと言うのなら槍でも持って来い。打ち合わせして仕掛ければ後ろから撃たれることもあるまい]

 隙を突いたつもりのユーノの矢を炎で焼く。僕の障壁に防がれる事なく突如燃え上がって中ほどで燃え尽きた。

「ま、まだまだ!」

「次こそ!」

「少し、本気で行こうかしら」

 シフ、ユーノ、カレンには完膚なき程の敗北経験になるだろう。でも挫折は早い内に経験して再起した方が良いと思うから。

 もう一度やる気になれたら、来週もまたおいで。

 僕は手加減なく三人の攻撃を防ぎ、潰し、指摘し続けた。
************************************************
ご意見ご感想お待ちしています。

アルファポリス様のファンタジー大賞に参加中。ご投票頂ける方は黄色のバナーをぽちっとお願いします。ゴテツ会食始まる

[では、今日の講義はここまで。次の先生の講義に遅れないように]puma 靴

 五人の屍と三人の廃人予備軍に講義の終了を伝える。いやあ潰したなあ、今日は。僕の方はラスト五分は三人とも殆ど何も出来ない状態になっていた。

 識が見ていた方も、ミスティオリザードにそれはもうボロボロにやられたらしい。実戦に不慣れな所為もあるんだろうけど、四回程全滅したと報告を受けている。つまり識が一旦戦闘を止めて四回仕切り直して尚勝つどころかぼこぼこにされた模様。アオトカゲ君がトラウマになってないと良いけどな。彼には今後もリミッターを外しながら折々にお相手をしてもらうんだから。頑張ってくれ、アオトカゲ君はまだ戦闘形態を十以上残しているぞ。

[ああ、カレン=フォルス。君に少し用があるのだが、この後の君の予定を聞きたい]

「きょ、今日は先生の講義だけですが」

 お疲れ気味ながら。待たせる事無く答えてくれる。今日はこれで終わりだったか。朝一だけとは優雅な。でも都合が良い、朝は暇な生徒を呼んで昼食でもと思っていたけど、今回はカレンだけ誘って識と三人で食事に行くとしよう。レンブラント姉妹は、住まいを後で事務室で聞いて挨拶に行けば良いや。

[それは良かった。気になる点があってな]

「ま、まだ何かあるのですか!?」

[ああ、幸い時間もあるようだ。付き合え]

「……は、はい」

 良し。

 その意思を確認するとカレンを半ば引き摺って僕はフィールドを後にした。本来なら反省会の後、時間ギリギリまで鍛錬と言う流れだけど。今日は少し早めに終わる。

 五人の方が大分弱っていたから
󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``