pqejr22xeirのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:3785
Today:1
Yesterday:2
離婚8年後に復讐、許されますか
室内ではやめようと決めていたじゃないか。

ダメだね、便利すぎるとつい、頼ってしまう。

しばらく眺めていると2つ目の薬も完成する。

例えば、だけど。adidas originals スニーカー

あの結晶にヒビが入り、凝縮された液体が流れ出るまでの時間が長く、そこに至るまでに環境を魔法によって一定に保つ時間が長時間に及んだりするケースなら。

魔法薬としての精製難易度も明らかに上がり複数人を必要とするようになるだろう。

そうなった場合この薬の価値はさらに上がってしまう。

特殊な環境の設定こそが錬金術の役目だとすると、確かにこの世界の製薬や調合において錬金術の果たす役目は大きい。これにより製薬が可能になる薬物は多いだろう。

そういう意味では材料に対して価値が見合わないとされるこの薬の現状は、レンブラント氏にとっては幸いか。

製薬の段階でも凶悪に低い成功率では縋る希望があまりにも脆い。

見てる限りではマグロを手に入れて大トロ以外は捨ててしまう無駄全開なこの方法こそが秘薬の値段を割に合わないものに変えている。

つまり、そこも改良できれば…。

うむ、今日は商売の種を実にたくさん手に入れられる日であるなあ。澪が頭の痛い悩みを昨日作ってくれたばかりの僕としては少し心が安らぐよ。

「……ふう~~~~~~。これで終わりです。製薬終了です」

ハザル君が残り2つの薬瓶を手に、片手で汗を拭きながらこちらに戻ってくる。

なんと、安易な。執事さんが両手で抱えてもってたのを見習いなさい、君は!

バンッ!!

「ライドウ様!ハザル様!」

「おわっ!?」

なんとーーーー!!??

お約束な乱入者は執事!

そして前から歩いてくるハザル君の手から2つの瓶がぽろ~んと!

宙を舞いましたヨヨヨ?

執事さんを確認してから青年に視線を戻す。


この時ばかりは超人肉体に感謝した!

唖然としながらも身体を動かすことが出来たからだ。

だがこれはまずい!瓶は狙い済ましたように掌からほぼ反対方向放物線を描いている。ハザル、貴様後で殴る!

跳ね飛ぶ、と表現すべき動きで僕は向かって右に落ちていく瓶にヘッドスライディング、伸ばした右手で目標を確実に掴みこむ。割らないように優しくね!

だが反対に落ちる残る目標には手などとても届かない。

くっそお、それでも!

左手を床に当てて極めて弱く魔力をぶつける。

体が弱く吹き飛ぶような形で瓶のほうへ向かってくれるがもう両手は使ってしまっている。

頼む、背中のどっかに落ちてください!!

そう願った僕の心中を誰が察してくれたのか。

背中に軽い物が落ちてくる感触と、一瞬後に来る頭に☆の舞う鈍痛がした。

畜生。机か何かがあったのかね。結果オーライだけど。

「ラ、ライドウ殿、さ、さすが!」

てめえ、ハザルよう。絶対二発殴る!
************************************************
ご意見ご感想お待ちしてます。真、呪病を憎む

頭に何ら治療を加えられることもなく(イイエ、ウランデナンカイマセンケドネ)僕らは引き摺られるように執事さんに連れられてレンブラント氏が待つ部屋へと向かうことになった。

途中物凄く甘ったるい匂いがしたけどその廊下を横切って到着したのは初めに通された応接室。なんだろう、化粧品や雑貨を扱う店で香るようなひどく不自然な匂いだ。

そこには血塗れの左腕に治療を施されている氏がいた。

ひっ、と錬金青年の息を呑む声が聞こえた。

魔物にでもやられたのか。見たところでは牙か爪によるものだと思う。さほど大きくはない相手のようだ。

問題は相手
󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``