n9zvrxdのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:3472
Today:7
Yesterday:11
男の人は基本的に相手の事が好きでも、あまり会いたいとか…
。少なくとも一個人が戦術的に用いる規模では到底無く。戦略的な兵器、と呼ぶに相応しい。

森があり、平原があった場所には水面に空を映す大きな鏡が昔からあったかのように存在している。付近に流れる数本の川から水が流れ込み、また下流に放ってもいる。地図を変える一撃だった。

その湖面にまばらにだが、浮いている影がある。

殆どは微動だにしない。奇跡的に助かった兵ではない。ほとんどは体の原型が辛うじて残っていただけの死体や様々な残骸だった。いや、あの破壊の中で原型を保っていただけでも十分に奇跡的と言える。puma 大阪

だがその影は人型、五体満足で原型を残すどころか、震えながらも右手を顔に当て、目を覆っていた濡れ髪を鬱陶しそうにどけた。

竜殺し、ソフィア=ブルガだった。

良く見ると近くには片足を失った子供の影も見える。ランサーだろう。

「……ランサー、生きてる?」

「……」

「ねえ、あの首飾り。防御に使えば一回限りだけど水属性の魔法から使用者を完全に保護する、んじゃなかった?」

「……」

「私、”身代わり”が全滅、オーダーメイドの防具も全滅、その他防御系アクセもほぼ消し飛んだんだけど? 見てよ、裸よ裸」

言葉の通り、彼女はほぼ裸だ。引き裂かれたシャツが申し訳程度に残っていたが、とても布切れ以上の効果を期待できる状態ではない。

「……そうか。我は足が一本もっていかれた」

引き摺っていた彼の片足は無くなっていた。無傷、とはいかなかったのだろう。

「ライドウ、あの野郎死んだわよね?」

「……多分な。もしかしたら我らと同じく浮いているかもしれんが」

二人は目を合わせる事無く、お互い空を眺めながら話している。何故自分たちが浮いていられるのかには、もう触れてもいない。何とか奇跡的に命が残ったのだと、どこかわかっているからだろう。遠く空を見る目が語っている。

「……私、あれを探して育つ前に殺すべきだと思うの。あれで技量が基礎能力に並んだらもうお手上げになるわよ?」

「死んださ。あいつは落下して死んだ。とりあえずそういうことにしておけ。それに、今探しても殺しきれるかわからん。傷を治して装備を整える方が先だろうよ。どこから生えたかわからんような謎物体に我らの道筋をぶち壊されてもかなわん」

「やっぱ全力じゃなかったかな?」puma king

ソフィアの表情が少し気弱になる。彼女はライドウがもしかしたら本気ではなかったのではないかと感じていた。勿論、竜殺したる自分と戦ったのだ。恐らくは本気だったろうが、と信じている。ほんの僅かな疑念だ。

「わからん、何もかもわからんよ。我らが目隠しをした女神同様にここで何が起こったか、まるで説明出来ぬ。こうなると、女神に問い詰めたい所だ。見せておくべきだったか、そうすればいずれ聞けたかもしれん。お前は何を|召(よ)んだ、とな」

「ライドウ、か。しばらくは勇者で遊ぼうと思ったけど、そうもいかなくなっちゃったかな」

ライドウに向けたのと同じ好戦的な笑みを口に浮かべる。殆ど身動きも取れない現状なのに、もう戦うことを考えている。

「後に取っておけ。先に我の用事を済ませてから、ライドウを追え。装備も整って力もついて再戦には言う事無しだろう」

嘆息するランサーは方針を提案する。

「……そうね。わかったわ御剣。アレを狩るにはまだ手札が足りない、か」

「まずは体力を戻して陸に上がらんとな」

「ええ、見事に動けないものね」

二人は湖面で笑いあった。

この日、奇跡的にこの惨劇を生き抜くことが出来た十人弱の生存者の言葉から、ヒューマンと魔族の
己嫌悪に落ちることもあった

兢悉绀趣螭趣筏剖驻颏栅盲俊?
「それらしい奴がいたら、片っ端から捕まえようと思って」
髪をかいて、にこっと笑う。
「なんだ、無計画だな」
夕霧はほっとすると、自分も一緒に探してやった。
本当は頼まれたのではなかった。
ただ春宮さまが所望されているということは聞いていて
彼女は猫を逃がしてしまっていたから
困ってるんじゃないかと思い、自主的に探しに来たのだった。
「ありがとう」
「別に」
柏木は一緒に探してくれる夕霧に笑って礼を言った。
笑いながら少し切なそうな目で、その背を見守る。
ごめんな、夕霧
俺はお前のやさしい心遣いまで、無にしてしまうかもしれない。

「どうしたの柏木、そんなに汚れて」
柏木は春宮さまと仲がよかった。
明石姫君の嫁いだ春宮さまは、朱雀院の息子で
すこしわがままだが、父譲りのやさしさを持っている。
「逃げてしまったならよかったのに」
春宮さまは苦笑して
http://www.yhk286.com
無料アプリ iphone
iphone 修理代
泥だらけの柏木と、懐の可愛い猫をながめた。
「いいよ、柏木にあげる」
「え?」
「だってとてもなついてるようだもの。親子みたいだよ、ふたり」
春宮さまが言うように
ノラなはずの猫も、柏木にはよくなついた。
下においてやっても不安そうに、すぐ裾にまとわりつく。
「じゃあ、お預かりします」
柏木は礼をいって、その猫を自邸に持ち帰った。
かといって首輪つけるわけでもなく
ノラ同様、自由に出入りさせている。
あやしく、にはかなる猫の、時めくかな*―
「どうなさったんです、急に」
「部屋が汚れますわ」
女房たちは小言を言った。
「ごめんごめん」
外から帰る猫の足を丁寧にふいてやりながら、柏木は苦笑した。
つかまえない。強制もしない。
でも忘れないで来てくれるやさしさ。
そんな猫を愛しながら、気ままな背をそっと撫でてやる。33-3 眞木柱を娶りて

髭黒大将に嫁いだ玉鬘は、毎年のように子を生んでいた。
でも男の子ばかり
可愛いかしづきぐさの女の子がない。
あの眞木柱の姫君は、どうしているかな…
またなく大切にされる幸せの中で、玉鬘は絶えず
元の北の方とその子たちのことを思った。
私が追い出してしまったようなものだよね
髭黒大将は、玉鬘に次々子がうまれるのでたいそう喜んで愛し
古女房などまったく省みない。
邸にもそのまま居座っているし
玉鬘、完全に本妻の座を奪った形だった。
ひどいよな、私…
陥っても仕方のない自己嫌悪に落ちることもあった。
でも今の幸せを手放すこともできない
自分のため、子どもたちの将来のためには
私だけを愛す良人が必要だ。
せめて、お子さんたちに良縁がくるといいのだがと思った。
もちろん眞木柱らは母の実家で育てられているから
髭黒に激怒した祖父式部卿宮が
憎き玉鬘らの口出しを許すわけはないのだが。
「柏木さんなど、どうかしら」
「さあ、どうでしょうね」
相談をもちかけられても、夕霧はいまいち浮かない顔で
あいまいな返答をした。
「あいつは今、猫かしづきに忙しいですから」
「猫かしづき?」
「はい」
溺愛というほどではないが
家にいると、つい猫と話すことが増えたらしい。
「のみとりとか爪とぎとか、いろいろ世話もあるらしくて」
「ふふ…おかしな方。女の子より猫を可愛がるの?」
玉鬘は笑ったが、あながち冗談とも言えなかった。
柏木は何に対してもすぐ熱中するたちなので
猫と決めたら、今は猫しか見えない。
猫には、おもひおとしたてまつるにや、かけても、思ひ寄らぬぞ、
口惜しかりける。*
眞木柱にはまったく興味ないようなので
祖父式部卿宮もがっかりする。

「いや、眞木ちゃんと仲良くなるのはいいんだけどさ。髭黒さんの
婿になるってのが抵抗ある」
「たしか

󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``