jy76xierのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:3607
Today:1
Yesterday:1
八丈島マンガでひと休み『しままん』
るのだ。
 泉の畔(ほとり)でミランダ達がどうしたものかと立ちつくしていると、その女性がふわりと宙に浮かび、ミランダ達の方に飛んでくるではないか。

「シュティームへようこそ、お客人。この旅ではユーティがお世話になったそうですね。里の妖精を代表してお礼を言わせていただきます。ありがとう」
「あ、いえいえ。こちらこそお世話してばっかりですね。あの子には」nixon 偽物
「あらまあ、面白い方。でもやっぱりそうなんですのね?」

 ほほほ、と女性が軽やかに笑う。笑うたびに羽根がさらさらと流れるように揺れ、とても美しい。こころなしか良い匂いもするようだ。その女性がくるりとユーティの方に向き直る。ユーティは魔術の使いすぎで疲れたのか、仰向けになって息を切らしていた。

「ユーティ、こっちにいらっしゃい」
「む、無理ぽ」
「またそんな言葉をどこで覚えるのかしら。でも10秒で来ないとお仕置きです。10、9、」
「お、鬼~」

 ユーティがふらふらしながらも飛んでくる。10秒あれば余裕だろうと全員が思ったのだが、

「8、1、0。これはお仕置き決定ですね」
「ちょ、今数え方おかしかったでしょっ!」
「ここでは私がルールです。私が黒と言えば白い物も黒。私がお仕置きと言えばお仕置きなのです」
「そんな理不尽な」
「世の中そんなものです。これ以上口答えするようなら、鍋の具にしますよ?」
「い、いやーーーー」

 逃げようとしたユーティを女性がむんずと掴む。どこかで見たような光景だなとミランダは思ったが、それよりも、女性が軽やかに笑いながらこのような物言いをする方に気が取られた。

「あの、貴女は一体」
「ああ、まだ名乗っていませんでしたね。私はこのシュティームの長をしております、ウィンティアと申します。よろしくお願いいたしますわ、皆様」

 ウィンティアと名乗る女性は軽やかに笑ったが、手の中ではユーティがぐったりとしていたのだった。ニクソン ゴールド 時計

沼地へ、その5~方策~


 その後、ウィンティアは歓迎の宴を簡単に催してくれた。何でも人間がこのシュティームに来るのは10数年ぶりなんだとか。ファランクスがエアリアルを抱えてきたのを除けば、の話である。ミランダもニアの容体を考えれば宴どころではないと知りつつも、ウィンティアの強引さに負け、渋々ながらも承諾したのだった。このウィンティアという精霊、大人しそうな見た目に反しかなり押しが強い。
 既にアルフィリース達の目の前には、木の実を中心とした料理が並べられている。妖精にすればかなりの量なのだろうが、いかんせん体の大きさが違うため、アルフィリース達にとっては酒のつまみのようなものだ。

「宴といっても私達は草食ですし、基本的にはほとんど食物を食べなくても生きていける生物ですから、あまり大したものも出せませんが」
「いえ、心遣いだけで十分です。それに、のんびりするつもりもありませんから」
「そうは言っても、あの獣人の娘はまだ動かせません。ユーティが懸命に魔術を使い続けたおかげで容体は安定しましたが、本来であれば今晩くらいはここで泊るべきです」

 ウィンティアの言葉を尤もだと思うミランダ。先ほどニアの様子をミランダも見たのだが、少し呼吸が楽そうにはなっているもののせいぜい小康状態といったところで、確かに今夜くらいはゆっくりし


󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``