jy76xierのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:3609
Today:3
Yesterday:1
中学生のファーストキス 場所 キスの仕方
も。皆にも。

着替えた後にでも皆を起こして無事を伝えて。それで識に精密検査してもらって学園都市観光と行こうか。

夜にでも亜空で詳しい報告会だな。学園都市の人目につかない所に門を作ろうか。一応、立ち寄った場所に門を設置して亜空を経由した移動は可能だった。

ただし完全に閉じてしまうと消滅してしまうので、痕跡を残しておかないといけない。侵入の可能性を考えて、巴にも基本的には完全に閉じてしまうように命じてある。中継に使い易い場所やその時の拠点には常用する為に継続使用を前提にして良いとは言ったがその場合も亜空側の出口になる部分には戦力を配置するようにしている。完全に閉じてない霧の門なら開閉は澪にも出来る。識はまだ出来ない。かなり苦労しているようだ。tommy hilfiger サンダル

元リッチでそれなりの知識や実力のある識でこれだから、心配し過ぎなのかもしれないけどね。澪並の直感タイプの天才が現れたら通行できてしまうなら、基本完全に閉じる方向で安心したい。

あ、待てよ。学園組は僕と識だけなんだから門を残す必要は当面は無いのか。僕がその都度開けば良いだけだ。

思い直したところで。……視線を感じるな。

しかも左右から。

「若!」

「若様!」

それだけは聞き取れた。後はもう何を言っているのかさっぱりわからない。言葉になってないような澪と言葉になってるけどすごい早口な巴。確実なのは着替えが限りなく遠くなったってことか。

両サイドから美女に抱きしめられている凄く役得な状況の筈なんだけど、不思議と心配をかけてごめんって気持ちの方が強く出てくる。出会って数ヶ月だけど、それなりに濃い時間を過ごしたからかな。

(識、ごめん。そっちに行くの結構遅くなるかも)

(? わかりました。どうかご無理をなさらないで下さい)

識から有難い心配の言葉を頂いた。

「巴、澪。おはよう、心配かけたみたいでごめん」

これは、報告会が先になりそうだな。僕は予定を入れ替えることにした。

************************************************
ご意見ご感想お待ちしています。前書きは久しぶりに書く気がします。
乱読家様からイラストを頂きました。初めての事に感動している作者です。
許可を頂きましたので活動報告にて掲載しております。
よろしければ御覧下さいませ。
********************************************

「御剣ですと? あの小童、死んでなかったのか」

巴の軽い驚きが言葉から伝わってくる。何とか二人を引き剥がして状況を話し出したんだけど、案の定と言うか二人ともかなりご立腹の様子。

「多分ね。それもランサーを殺した筈の竜殺しさんと一緒だった」

まずは全部話しておかないとね。話の途中で一々二人を宥めていても無駄が多いから。

「その辺りは、流石に今はわかりませんな。ただ若が女神に拉致された先の戦場は、恐らくステラ砦攻略の一戦かと。ひどい戦だったようです。ヒューマンの大敗で随分と死んだとか。そうですか、御剣が若に……ほぉ、ふむ……」

危険な目の細め方をした巴はスルーして。

ステラ砦か。聞いた事の無い名前だ。

確かに建築物の付近が一番人が集まっていた。あれがその砦か。把握出来たのは上空に行った時だったから、もう帰ってくる寸前だったけど。結局ヒューマンの負け戦になったのか。

ソフィアみたいな生き物が向こうに回ったのなら、わかるな。あれは恐ろしい生き物だった。多分僕の最後の一撃も嫌がらせ程度にしかなっていまい。

人が人を嬉々として殺しに来る場面も人生初だったな、そう言えば。傍観者じゃなく当事者
臓は機能していません

明らかに困ると思う。
「でも、もういいんです。その子のことは諦めましたから」
柏木はさっぱりした顔で笑った。
「いいんですの…?」
「はい。俺は間違ってました」
彼女に会って、逆に覚悟が決まっていた
彼女を傷つけてまで手に入れたいものなど何もないと思った
それがただ一人の、かけがえのない子だったとしても。
「私は会いたいですわ、その子に」
彼女はぽつんと言った。
「…えっ?」
柏木は思わず半身をおこして、彼女を見つめた。
「お姉さま、悲しむかしら…」
彼女は長い髪を草に埋めたまま、じっと空を見ていた。
「ひどいことって、たとえばどんな?」
「どんなって、だから…男女の間の、その」
「痛いですの?」
「知らないんですか?」
こくんとうなずくから、柏木は絶句した。
http://www.qd7562.com
iphone sim 解除
e.m. iphoneケース
光さん、手出してないのか…
彼女の目をじっと見つめる。
ああ、これは台本とは違うようだと柏木は思った
似てるけど、違う
これはきっと、俺たちの物語。
俺たちが決めていいんだと思った
そう思うとうれしくて、悲しくて、彼は胸がいっぱいになった。
かたいはずの覚悟が、もろく、とけていく。
「あなたを抱くお許しを。いただけませんか」
柏木は彼女に覆いかぶさると言った。
「許しなどいりませんわ。暗闇であなたの手をとった瞬間から。
どんなことも、覚悟はできております」
彼女は柏木の腕の中でやさしく微笑んだ。33-12 どうか、生きて

「俺の内臓は機能していません。食べても栄養を摂れない。
もう長くないでしょう」
…!
光は衝撃を受けた。
思わず扇をとりおとす。
「お前、いつから…?」
「詳しくは覚えてないんですけど。宮さまを見る、少し前から」
「それで留保したのか、あのとき」
「はい。まだ症状の出始めで、大したことないだろうとは思って
いたんですが。やはり不安で」
不安は的中したんだと思った
最近は、死を身近に感じている。
光は押し黙った
柏木の青く美しい顔を、じっと見つめる。
「宮さまが眠っておられるところを、俺が無理やり襲ったんです。
嫌がってるのに、無理やり…すべて俺の責任です」
柏木は床に額をこすりつけて陳謝した。
「本当に申し訳ありませんでした。どんな罰もお受けします。命も
いらない。ですがどうか、宮さまだけは。許してさしあげて下さい」
細い体躯がきしむように揺れた。
柏木…
光は、つまる胸に言葉を探した。
「すべて知ってて寝たのか。彼女と」
「はい。命短しと思ったら、逆に見てみたくなってしまって。薫という
子を」
「だがお前の行為は、お前の死を決定づけたかもしれないぜ」
「かまいません。どうせいつか死ぬのですから。ひとつでも…」
柏木は言葉を切った。
「それでも、ひとつでも、彼女との思い出が残せれば」
痛々しいほど、淡く笑う。
馬鹿が…
光はきゅっと眉を寄せた。
昔の自分が目にうかぶ。
「そんなことしたって無駄だぜ?薫は俺の子として育つんだから。
系図にも残らない」
わざと笑ってみせた。
「ありがとうございます。そうしていただけるのなら、どんなにうれし
いか」
柏木はほっと胸を撫で下ろした。
光は胸が締めつけられる気がした
悔しくなどない
俺も柏木を待っていたと思った
ただ、俺が睨んでプレッシャーかける前から病が巣食っていた
というのが想定外で、真に悲しい。

「もう治らないのか?俺がよく効く薬を探させるよ。祈祷もする。
だから簡単に諦めるなよ。俺んちで育てても、お前にもちゃんと
会わせるから。父だって名乗っていいから。だから、生きろよ」
光は泣きそうに思った。
男の子だってかわいいぜ?
元気で生意気で意地っ張りで、大人になれば、一緒に酒も飲める。
「夕霧だって

󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``