jy76xierのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:3632
Today:9
Yesterday:17
有吉、共演の真麻に「裏表ない」
道具の様に見えて微笑ましい。王である事の証明なのだろうから敬意を持たなければいけないとは思いつつ、真はほんわかしていく意識の流れを止められない。魔力による状態異常で無いから防ぐ事も出来ない。

「ああ、それでフェアリーの皆さんは外敵に住んでいる森が見つかったから避難したいと」

「フェアリーじゃない! アルエレメラ! あんな羽虫よりも偉いんだ!」

 彼らはアルエレメラと言う、いわゆる妖精よりも偉い存在らしかった。だが真から見れば全くフェアリーの特徴そのものな彼ら。覚えにくい名前も相まってつい彼はフェアリーと呼んでしまった。安全靴 ピューマ

 実際、彼らが羽虫と蔑視するフェアリーと彼らを並べても、果たして真にしっかり区別出来るのかどうか怪しいものだ。

「僕らは妖精と精霊の中間なんだよ! 下位の精霊くらいだったら干渉して扱えるんだ!」

 パタパタ飛んではクッションにダイブしたり、真の目前まで飛んできたりと話をしながらも落ち着きなど微塵も無い。エマは彼らの自由奔放な振る舞いにかなり我慢をしているようだ。小刻みに震えている。

「……何で、澪様はこんなのを合格させたのか……真様の前で……」

 ぶつぶつとエマが呟く。ここが面談の場ではなく、日常的な中での会話なら彼女もそこまでは怒らなかったかもしれない。

「ん~。まあ数は多いけど、小さいし、問題は無さそうだね。それに皆で連絡を取れるって事は何かあってもすぐに教えてもらえるって事だし。探索も手伝ってくれるんだよね?」

「任せて! 僕らは勇気あるアルエレメラ!」

「なら、準備をしてもらっていじゅ――」

「反対です真様!!」

『ひゃあ!!』

「うわ!?」

 勇気あるアルエレメラが突然の大声にテーブルの下に隠れてしまった。隣で大声を出された真も驚きはしたが、だから何をしたでもなく座ったまま。

「こんな、落ち着きの無い種族全部がお子様みたいな連中、亜空に入れたら大変です! もういっそこのまま森ごと蹂躙されてしまった方が反省するのではないでしょうか!」

「エ、エマ」puma スニーカー 通販

「これは面談ですよ!? しかも種族の未来を懸けた! なのにこの、仮にも種族の王がすることですか!!」

 エマの怒りが頂点に達したようだった。真は天を仰ぐ。確かに、先の二つの種族と比較するとアルエレメラの態度には問題が多い。真は彼らを子供だと思って甘く判断していたが、見た目が小さかろうと可愛かろうと彼らは成体であり、面談に臨んでいるのは王だ。エマは彼らを一つの成熟した種族として見ていたから、あまりの無礼に怒りを見せたのだろう。そして、種族の王がこれなら他の者がこれ以上であるとは思えずその移住に、真に反対してでも否定した。
 成人を迎えても精神性は幼いままが普通の彼らには酷な要求かもしれないが、エマにはどうしても認められなかったのだろう。

「落ち着いて、エマ、ストップ!」

「いいえ駄目です真様! 真様はこの連中に甘すぎます! 何がアルエレメラですか、何が妖精と精霊の中間ですか! だったら今迫っているリズーの群れ位撃退してみせなさいな! そうです、その位出来てからもう一度ここに来ればいいんです!」

 初めてキレるエマを見た真は何とか彼女を宥めようと必死に話し掛け、そしてリザードを呼んでアルエレメラの代表者を部屋へと戻すよう指示する。飛び回って逃げようとする妖精に対してエマは腕を振り回して怒っている。実に珍しい光景だった。

 リザードも怒り狂うエマを見て呆気に取られながら、それでも主君の命に従って小さな客人を避難させるべく退室する。

「鳥
󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``