io6lklwのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:2066
Today:8
Yesterday:7
恥かしい…ヌード雑誌を買う女性の葛藤
と第三勢力として乱入するかもしれない組織になりうる。

 なるほど、そんな組織との関わりを持っていたら妙な夢の一つや二つ見ても不思議じゃない、か。僕には話さなかったけど、エヴァさんはその組織とやらの実力を何かしらの形で目にしているんだろう。少なくとも、魔族の支配地域にある領地を奪還でき得ると思えるだけの何かを。力を持っていると推測出来るのにこれと言う形が無い分、国よりも厄介に感じる。パネライ 名古屋

 ……現実の世界でも政治の中身はドロドロなんだろうけど、異世界でも人のやる事なんて変わらないんだなあ。この世界の常識から考えると、ヒューマンや魔族が互いに手を組むなんて長い争いの歴史を考えると敵の敵は味方理論でしかあり得ないと思う。この場合の敵は女神だよな。女神が嫌いな者の組織らしいから。目標を達するにせよ崩壊するにせよ、その後はまたお互いを憎むだけの不毛な結果になると思う。 そんな危ういものの力を借りようなんて、エヴァさん、冷静な様でいて実は狂気に呑み込まれかけているのかもしれない。

 それで今回、ライムと一緒にいる所を見られてエヴァさんも一緒に処理されそうになって命の危険を感じ、僕達に庇護を求めたと。

 ロナさんは今回の一件、ヒューマンの非人道的な実験で亜人や魔族が犠牲になっているからその実情を調査して無事な人を救出したい、なんて説明していた。多分、あの人は非道な光景を見せる事で僕の心情を魔族側にコントロールしようとする意図を持っていたんじゃないかと思う。戦争なんてどっちかの陣営の良い点ばかり見せられていれば偏った意見を持つに至っても全然おかしくないだろうしね。後は、今代の魔王が非道な行為を止める為に将を派遣した、仁義を持ち誠実な人柄であると推測させる意図もあるのかな。ロナさん、識が言うには策謀を巡らす人らしいし。

 っ!?

 誰かが近づいてくる。エヴァさんから聞いた話をまとめようと思考に沈んでいた僕に、強力な反応が伝わる。

 以前、戦場に放りこまれた際に相手の中に竜殺しが混じっていた事に負傷するまで気付けなかった経験から、僕はある程度の力量を持つ者だけに反応する界を展開するようになった。基準は今は識。対象を絞る事で範囲をある程度は広げ、かつ普段はほぼ無意識に展開が出来るようになった。他に人がいないような荒野とかで使うなら条件付けをもっと減らして便利に使えるけど、ここは学園都市だ。人は幾らでもいる。講義の時に多少でも注目を避ける為に使っている弱体化は、他に人もいないし使いやすいんだけどね。僕の使いこなし方がまだまだだって言う証明でもあるから情け無くもある。

「旦那、ヤツです。あっしを手玉に取りやがったガキが近付いてきてます!」パネライ 時計 価格

 ノックも無くライムが部屋を開け一息に僕に注意を促す。今のところ、組織とやらに何らかの関係がありそうな少年だったな。僕と同じくらいの外見年齢だから少年、でいいよね。百七十とか羨ましい。いやいや。ともかく実力は少なくとも識クラスって事か。

「ライム、下がっていて良い。いや、識を呼んで来てくれるか?」

「……いえ。足しにもなれやしませんが、あっしにもやらせて――」

「若!」

「若様!」

「うわっ!?」

 突如部屋に入ってくる女二人。見知った二人。僕の従者の、巴と澪。な、何で二人がいきなり学園都市に? それに妙に急いだ雰囲気だ。

 タイミング、良すぎないか? 僕ってもしかして監視とか、されてる?

「巴、それに澪まで!? どうしたんだ?」

「……ご無事でしたか。なれば一先ず安心」

「……ほっ」

 と思えば、明
󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``