io6lklwのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:2060
Today:2
Yesterday:7
FOSTEX、新開発ミッドレンジ搭載の最上位スピーカー
ト姉妹の声が綺麗に重なる。

「それが本当なんだよ。俺との試合を見ていて感心したらしくて。学園祭が終わった後に手合わせしながら稽古してやろう、って」

「……すっごーい」

「あの、巴様に。ツィーゲでも稽古をつけてもらえる程に目をかけてもらえた冒険者は殆どいないと言うのに。ミスラさん、凄いですよ」

 姉妹の驚きはもっともだった。puma スニーカー 新作
 ツィーゲで冒険者の面倒を時折見る巴だったが、澪と同様、誰かを弟子に取ったり個人的に稽古をつける事は殆ど無かった。
 いつの間にか冒険者ギルドに引退を伝え、個人的に巴に心酔している様子のライム、後は澪がリミアから来た黒髪の女性冒険者一行の面倒を見ていた程度である。

「なんだけどなあ。脅かされてすっかりビビってんの、こいつ」

「だって、お前。あんな事言われたら誰だって」

「何て言われたのさ?」

 イズモがミスラの怯えが面白くなってきたのか笑みを含んだ顔で軽く尋ねた。

「……肩に手を置かれて、死んでくれるなよって真顔で言われた。手加減はしてやるけど、若に叱られたくないからって」

「……うっわあ、ミスラ自身の事は殆ど気にしてないじゃん、それ」

「な、な!? レベル千五百とか無茶苦茶な人にそんな事言われたら顔色悪くもなるだろ!?」

「死んでもきっと識さんが生き返らせてくれるわよ。じゃ、本調子じゃないミスラはまず一回戦は待機と。あ、ジン。これって途中でメンバー入れ替えは出来るの?」

「な!? やるよ、やりますよ俺も! 昨日は不完全燃焼もいいとこだったんだから! 勝手に除外するなーー!」

「……鬼だなアベリア。入れ替えはオッケーだとさ。ただし出場できなくてもチームが負ければ全員がそこでおしまいな」

「試合よりもこっちで揉めそうね~。んじゃ、さっさと決めますか」

 団体戦への緊張とはまったく関係ない所でジン達七人の白熱したひと時が始まった。puma 靴


 グリトニア帝国の皇女リリは心の中で舌打ちをした。
 目の前で繰り広げられる団体戦の模様を目の当たりにして。
 三体七で行われている試合だ。
 通常通り考えれば七の方が圧倒する。
 だが現実には逆だ。
 三人で戦っている方が七人を翻弄している。
 正面から力の勝負をするのが基本的な戦闘方法だと思っているヒューマン社会には異質な戦い方ではあった。
 はっきり言ってしまえば、それはより魔族に近い戦い方でもある。
 連携や技術、作戦をもって不利を覆す。
 まさに魔族がヒューマンに対して行ってきた事だ。
 長く彼らと対峙してきたリリは、それを魔族の戦い方である、とはもう認識していない。
 それらは弱き者が強き者に挑むやり方なのだ。
 工夫し、地力の差を埋める。
 ヒューマンが知らなかった、もしくは遥か昔に忘れてしまった方法だと思っていた。
 だが限りなく有用である事は事実。
 帝国の軍にも試験的に導入を考えていた知識でもある。
 それを、見事に使いこなし、しかも地力でさえ相手を圧倒する学生がいる。
 個人戦を見ていた時から普通ではない事は感じていた。
 が、まさかここまで連携を取れる者たちとは思わなかった。
 これでは個人戦以上のワンサイドゲームになるのは間違いないと思った程だ。
 今戦っているのは、リリの記憶では個人準優勝のジン=ロアン、見事な槍捌きを見せたユーノ=レンブラント、それに昨日は術師として出場していたアベリア=ホープレイズ。彼女は今日は杖ではなく弓を持っていた。
 ヒューマンに魔族と同じだけの戦術や連携があれば、と考えていた者にはジン達の戦いは
󥯤E:www.dukawa.com㥹`å `ɥå եå󥭥å ̣ͣ ձץҰ ֥ɥ 饯` 9FIFTY å å奭å åȥå ե饤 ǥ ˩``ͨ؜ ǥ ǥ ȥ`ʩ` ǥ ˥󥰥`˚ ˥`Х ˩`` ˥`Х ǥ` ˚ ˥`Х ǥ` ʥ ե` ʥ ˩``